多くの現場で重宝されるフッ素コーティングの離型剤の特徴

機械

作業現場をクリーンに保てるフッ素系離型剤がワックス系より便利

プラスチックやゴム製品の成形作業現場では、金型に塗布する離型剤が必要です。離型剤には、フッ素系、ワックス系など、主成分が違う何種類かの異なる製品があります。各々、自社製品に相応しい考えられる離型剤を選択するわけですが、離型剤選択の際に、離型性能の他にも何点か考慮に入れておきたい点があります。
例えば、現場作業をいかにクリーンに行うことができるか。この点、例えば、ワックス系離型剤を使用すると、成形物に離型剤が転写して、型から取り出した直後は、製品が離型剤で汚れた状態になります。付着したワックス系離型剤を取り除くためには、別途洗浄という手順が必要ですが、フッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤なら、このような離型剤による製品の汚れが発生しません。つまり、それだけ成形現場をクリーンに保って作業をすることができるため、そこで働く人にとってはより快適と言えるでしょう。
また、ワックス系が成形物に付着してしまうということは、金型表面の離型剤がその分目減りするということでもあります。つまり、一度の塗布での離型効果の持続性が、その分低下するということです。フッ素系離型剤なら、そうした懸念もなく、高い持続性を発揮します。
このように、色々な面を考慮に入れると、トータルではフッ素系離型剤がお得と言えるでしょう。

最新情報

作業現場をクリーンに保てるフッ素系離型剤がワックス系より便利

プラスチックやゴム製品の成形作業現場では、金型に塗布する離型剤が必要です。離型剤には、フッ素系、ワックス系など、主成分が違う何種類かの異なる製品があります。各々、自社製品に相応しい考えられる離型剤を選択するわけですが、離型剤選択の際に、離型性能の他にも何点か考慮に入れておきたい点があります。…

プラスチック樹脂の表面仕上がりの品質向上に離型剤が重要!

金型によりプラスチック樹脂を成型する際、表面の仕上がりは金型の精度が重要だと思い込んでいませんか?成型品の仕上がり品質がイマイチであり、品質向上のため金型の見直しや成型条件の改善を行っているものの、改善効果が見られないという際には離型剤を先ずは見直してみましょう。金型と樹脂材料の密着を…

鉱物油や合成油が使えない食品加工機の潤滑剤に離型剤が有効!

高速で稼働する、高温の環境下で稼働するなど加工機械で重要なのが潤滑剤です。そして、食品加工機にも潤滑剤は必要なものの、鉱物油や合成油を使用することができません。そこで有効なのが、フッ素コーティング系の離型剤です。プラスチック樹脂や食品材料が金型に貼り付かないようにするフッ素コーティング系の離型…

離型剤は刃物にも使用される!切断加工の生産性を向上できる!

離型剤といえば、金型によりゴムやプラスチック樹脂などの樹脂材料を成型する際にへばり付きを抑制し、生産性の向上や品質向上に必要不可欠なものというイメージがあります。しかし、金型に使用される離型剤として使用されるワックス系の印象が強く、その他のモノづくりの現場では使用することがないと考えてしまいま…

TOP